6月の園芸Q&A

アジサイのポット挿し
Q.  気に入ったアジサイを見つけたので、挿し木で殖やしたいと思います。挿し木のよい方法を教えてください。
A.
アジサイのポット挿し
※挿し木の時期は4〜7月ですが、翌年開花させる
  には6月上旬までが最適です。
※挿し穂は今年伸びた枝の先から3節で切り、
  2時間ほど水あげします。
※挿し床はビニールポットを用い、用土は湿らせた
  鹿沼土を8分目入れます。
※水あげした挿し穂は、切り口から1cmほど水平に
  切り戻します。
※葉は一番下の1対を付け根から取り除き、上の
  残りの葉が大きいときは葉を半分に調節します。
※挿し穂の調節がすめば、切り口に発根促進剤を
  塗り、割り箸などで3cmほどの深さにあけた挿し
  穴に挿し、株元を軽く押さえてから十分に
  水をやり、 トロ箱などにまとめて入れて明るい
  日陰に置きます。
※発根するまで約3週間かかりますが、
  この間水やりを切らさないことが大切です。
※ポットに根が十分まわってから、4号鉢に鉢あげ
  します。用土は赤玉土小粒をベースに、
  青花系はピートモスを3割ほど、赤花系には
  腐葉土3割と苦土石灰を少し混ぜたものが
  よいでしょう。元肥は緩効性の粒状化成肥料を
  用土1ℓに5gほど混ぜておきます。定着後は、
  一日中木もれ日程度の場所に置きます。
※肥料は9月中旬に追肥として、赤花系には
  チッ素とリン酸の多いものを、青花系にはカリ分
  の多い化成肥料を1回施します。
※8月上旬までに枝先から1〜2節ほど摘芯すれば、
  間伸びしない株に仕上がります。

7月の園芸Q&A

スプレーギクの挿し木
Q.  きれいに咲いていたスプレーギクが年々悪くなります。どうしてでしょうか。
A.
スプレーギクの挿し木
※キクは毎年挿し木で更新し、用土も新しくしないと
  育ちが悪くなるのです。
※毎年挿し木をして新しく苗を育てます。
  挿し木の時期は6月下旬〜7月上旬です。
※挿し木する10日ほど前に親株に少量の化成肥料
  を施して生育を促しておき、茎の頂上部だけを
  使って平鉢などに挿します。
※挿し穂は葉を3枚くらい残し、茎を1.5cmほどつけて
  採り、1〜2時間ほど水あげさせてから挿します。
※挿し床は鹿沼土かパーライトをよく湿らせたものを
  用い、割り箸などで挿し穴をあけ、挿し穂の
  切り口に発根促進剤を塗って挿し、
  軽く株元を押さえておきます。
※挿し木後は風の当たらない明るい日陰に置き、
  1日おきに水やりをします。
※約2週間で発根してきますが、根がかなり
  伸びたら徐々に強い光に慣らしてから定植します。
※植え付けは日当たりがよく、水はけの良いところを
  選び、1㎡あたり腐葉土5ℓ 、化成肥料150gを
  入れてよく耕しておき、約20cm間隔で植えて
  敷きワラや敷き草をして時々水をやって乾きを
  防ぎます。開花は11月上旬です。

閉じる