5月の園芸Q&A
Q. 去年、姿・形の良かったムスカリが、今年は葉が伸びすぎて垂れ下がり、だらしない姿になってしまいました。
葉のしっかりした、見栄えのする元の姿には戻せないのでしょうか。
A.
植えたままにしておいたり、球根を早く植え付けすぎると、葉が伸びすぎてだらしなくなります。
  1. 6月ごろ花がらをしごき取って球根を太らせる。
  2. 葉が枯れたら掘り上げ、日陰で乾燥させて貯蔵する。
  3. 球根を早植えしないで、11月になってから植え付ける。
  4. 1日中、日の良くあたる風通しの良い所で管理する。
  5. 生育期から開花中に、1000倍程度の液肥を10日に1回施す。
……以上のようにすると、しっかりしたムスカリになります。

6月の園芸Q&A
Q. 昨年見事に咲いた露地植えのアジサイですが、今年は葉も新梢も生き生きと元気なのに、さっぱり花がつきません。昨年大きくなりすぎたので思いきり切り詰めたのですが、このことと関係はないでしょうか。
A.
昨年切り詰めすぎたのが原因のように思われます。アジサイの花は、昨年の枝から出た今年の枝(新梢)の先端に出来てくる習性があります。したがって、切り詰めすぎて昨年の枝がなくなると、一昨年以前の枝から新梢が出てきますので、いくら元気の良い新梢でも花芽は殆ど出来ません。
  1. 花を出来るだけたくさん咲かせたい場合は、花後すぐに、花から数えて2番目の葉のすぐ上で切ります。これを繰り返すと、木は年々大きくなり花数も年々増えます。
  2. 木をあまり大きくしたくない場合は、花後すぐに、花のついている新梢(1年枝)の付け根から2〜3節上で切ります。
  3. 株元からたくさんの枝が立ち上がる樹種ですから、1.と2.いずれの場合も、弱々しい枝や枯れ枝、不要と思われる枝等は株元から切除して、風通しを良くし日光によく当たるようにして更新をはかることも大切です。

閉じる