1月の園芸Q&A
Q. フクジュソウを大きく作りたいのですが・・・・・・
A.
黄金色に花を咲かせるフクジュソウは、縁起物として正月には小鉢に植えて楽しまれてきました。しかし鉢植えの場合は、そのままにしておくと枯らすことが多いので、花が終わったらすぐ植え替えをしましょう。
  1. 深鉢を用意して、用土は水はけのよい赤玉土の小粒などに腐葉土を混ぜ、根のすみずみまで用土が入るように、箸でつついて落ち着かせます。
  2. 夏は葉が枯れてしまいますが、水やりだけは続けていくことが大切です。表面が乾いたらたっぷりと水をやります。
  3. 肥料は、葉が出てきた頃に油粕などをやります。

2月の園芸Q&A
Q. サギソウを上手にふやす方法は・・・・・・
A.
  1. 水辺近くに咲くサギソウは、常に水やりは欠かせません。特に冬季(1月〜3月)は茎葉が枯れてしまって無いために、つい忘れがちになりますが、水やりだけは続けてください。サギソウは、日当たりのよい湿地を好む植物です。
  2. 植え替えの用土は保水性と通気性のよいものを用います。ミズゴケだけで植えてもかまいませんが、ミズゴケの場合は、毎年茎葉の枯れてしまった冬の間に植え替えをします。
  3. 7月〜8月頃、あの鷺を思わせるような花が1〜2輪咲きます。花後はごく薄い肥料をやって下さい。日当たりのよい場所に置き、乾燥に注意して常に保湿に気をつけます。

閉じる